船舶免許

船舶免許の取得・更新なら「小型船舶野尻湖教習所」で

小型船舶野尻湖教習所は国民宿舎 杉久保ハウス内のボートスクールです。
長年の教習実績と、確実に“身につく”少人数制を採用していて、100%近い「合格率」を誇っています。

今、小型船舶免許(1級・2級)から特殊船舶免許、海や湖、川を楽しむために船舶免許を取得する方が増えています。
小型船舶野尻湖教習所は小型船舶免許(1級・2級)や水上バイクの免許取得のサポートを全力で行います。 1泊2日で講習から実技・学科試験まで一気に受けることができる「杉久保ハウス1泊2日合宿コース」もご用意しました。

 

1級船舶免許

本格的な外洋釣りや大型クルーザーでのクルージングに

ボート免許のトップクラスです。(ただし、水上オートバイは操縦できません。)

この免許を持っていれば、ヨットなどで世界一周も可能です。
操縦できる航行区域は、無制限です。(ただし陸岸から100海里を超える区域を航行する場合は、一定の資格を持った機関長も乗り組ませること)。

操縦できるボートの大きさ総トン数20トン未満のボート、または、用途がスポーツやレクリエーションに限定された長さ24メートル未満のボートです。

1級船舶免許料金

講習料 ¥70,000
申請代行料 ¥6,000
印紙代 ¥2,050
国家試験料 身体 ¥3,450
学科 ¥6,600
実技 ¥18,900
合計 ¥107,000
講習料 申請代行料 印紙代 国家試験料 合計
身体 学科 実技
¥70,000 ¥6,000 ¥2,050 ¥3,450 ¥6,600 ¥18,900 ¥107,000

 

2級船舶免許

手軽なマリンレジャーに

沿岸のレジャーに最適です。(ただし、水上オートバイは操縦できません。)

沿岸や湖での釣り、あるいはウェイクボードのトーイングなど、陸から近い場所でボートを楽しむ方に適しています。 操縦できる航行区域は湖や川、湾などの陸岸にほぼ囲まれた水域(平水区域)や、海岸から5海里(約9キロメートル)までの海域です。

操縦できるボートの大きさ 総トン数20トン未満のボート、または、用途がスポーツやレクリエーションに限定された 長さ24メートル未満のボートです。
なお、年齢が18歳未満の方は操縦できるボートの大きさが5トン未満に限定されます。(第二号限定)18歳に達すると、特に手続きは必要なくこの限定は解除され、次回免許証更新時には限定のない免許証が発行されます。

2級船舶免許料金

講習料 ¥52,300
申請代行料 ¥6,000
印紙代 ¥1,800
国家試験料 身体 ¥3,450
学科 ¥3,550
実技 ¥18,900
合計 ¥86,000
講習料 申請代行料 印紙代 国家試験料 合計
身体 学科 実技
¥52,300 ¥6,000 ¥1,800 ¥3,450 ¥3,550 ¥18,900 ¥86,000

 

2級船舶免許(湖川)・・・(第一号限定)

小出力エンジン船に

湖や川だけに限定された免許です。(ただし、水上オートバイは操縦できません。)

小出力エンジンの船を利用し、湖や川を専門に釣りなど楽しむ方に適しています。
操縦できる航行区域は湖や川などの内水面と指定された一部の海域に限定されます。

操縦できるボートの大きさは、総トン数5トン未満で、かつエンジンの出力が15キロワット(約20馬力)未満の船です。

2級船舶免許(湖川)料金

講習料 ¥28,950
申請代行料 ¥6,000
印紙代 ¥1,800
国家試験料 身体 ¥3,450
学科 ¥2,800
実技 ¥15,000
合計 ¥58,000
講習料 申請代行料 印紙代 国家試験料 合計
身体 学科 実技
¥28,950 ¥6,000 ¥1,800 ¥3,450 ¥2,800 ¥15,000 ¥58,000

 

特殊小型船舶操縦士(水上オートバイ)

水上オートバイに

特殊は、水上オートバイ専用免許で、ボートは操縦できません。 逆に一級・二級を持っていても、特殊を持っていなければ水上オートバイは操縦できません。 ボートと水上オートバイの関係は、自動車と自動二輪車に例えると理解しやすいでしょう。

操縦できる航行区域は小水上オートバイという船そのものの航行できる区域です。 (湖岸や海岸から2海里:約3.7キロメートル)

操縦できるボートは水上オートバイ。

特殊小型船舶操縦士料金

講習料 ¥35,750
申請代行料 ¥6,000
印紙代 ¥1,500
国家試験料 身体 ¥3,450
学科 ¥2,900
実技 ¥16,400
合計 ¥66,000
講習料 申請代行料 印紙代 国家試験料 合計
身体 学科 実技
¥35,750 ¥6,000 ¥1,500 ¥3,450 ¥2,900 ¥16,400 ¥66,000

 

船舶免許の更新・失効再交付

杉久保ハウス「小型船舶野尻湖教習所」は、小型船舶免許(ボート免許・水上バイク・ジェット)の更新 ・失効再交付・紛失再発行・住所変更・書換等の手続きのお手伝いをいたします。
小型船舶操縦免許証は5年に1度更新することが定められており、免許証を更新をするためには更新講習を受講する必要があります。 有効期限が切れてしまった場合は、失効講習を受けることでいつでも復活可能です。

小型船舶免許(ボート免許)の更新について

  • 更新手続きは有効期限の1年前から行うことができます。
  • 更新期間中の1年の間であれば、更新手続き(更新講習)をいつ行っても、次回の有効期限は現在お持ちの船舶免許証に 記載されている有効期限から数えて5年間となります。
  • 更新費用:13,000円
    ※講習料・身体検査料・免許証交付料(収入印紙代)・免許証交付手続・代行手数料等込み

小型船舶免許(ボート免許)の失効再交付について

有効期限を過ぎてしまった免許の効力を復活させるためには、失効再交付手続きを行う必要があります。

  • 免許証を紛失している方は、あらかじめお電話ください。
  • 再交付費用:18,000円
    ※講習料・身体検査料・免許証交付料(収入印紙代)・免許証交付手続・代行手数料等込み

詳細ご質問は tel026-258-2550 

ページトップへ 

静かな湖の宿 Sugikubo House
〒389-1303
長野県上水内郡信濃町野尻29-8
TEL 026-258-2550 FAX 026-258-3933